【12月19日(水)~24日(月)】 『ダイヤモンド富士』 参観期間の延長運転について

 

いつも駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。 

まだ、残暑が残る秋ではありますが、今日は冬季で楽しめる高尾山の自然現象をご紹介します。 

高尾山では、冬至の時期だけにご覧いただける、「ダイヤモンド富士」という現象があります。 

 

  ↑ ↑  高尾山山頂から見るダイヤモンド富士 ↑  ↑ 

  

「ダイヤモンド富士」とは、富士山頂に沈む夕日が見せる一瞬のキラメキをダイヤモンドの輝きにたとえて、 

このように呼ばれています。富士山の火口に、吸い込まれるように沈んでゆく夕陽は 

どこか神秘的なものを感じさせてくれます。 

  

ダイヤモンド富士が見られる場所ですが、「高尾山山頂」およびもみじ台」でご覧いただけます。 

ただし、山頂へは、ケーブルカー高尾山駅より徒歩40分程掛かり、 

その先にあるもみじ台には山頂から徒歩5分程掛かりますので、お時間にはご注意くださいネ。 

12月はとても寒い時期になりますので、暖かい服装と、履きなれた靴でお越しいただき、 

足元が暗いため、懐中電灯をお持ちくださいね。 

   

なお、参観期間中は、ケーブルカーの延長運転を行います。 

平成24年12月19日(水)~ 24日(月・振替休日)までの6日間  

 始発8時00分~終発18時00分です。(始発から15分間隔で運転します。) 

これにより日没を見てから下山されてもケーブルカーに間に合いますので、 

下山の際は、1号路コースを通ってケーブルカーをご利用ください。 

ケーブルカー高尾山駅は、1号路コース沿いにございます。 

  

さて、快晴ならば、このようにまん丸の夕陽がご覧いただけます。 

  

自然現象ですので、晴れていたのに、沈む直前で雲が出てくる場合もあります。 

その時の写真です。 

雲がいい景色を出してくれてます。これはこれでまた趣がありますよネ。 

個人的にお気に入りの一枚です~~。 

  

 

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

『ダイヤモンド富士』 参観期間中のケーブルカー延長運転について

ケーブルカー延長運転期間・・・平成24年12月19日(水)~ 24日(月・振替休日)までの6日間
                    始発8時00分~終発18時00分(始発から15分間隔で運転します。) 

※雨天時の場合は、延長運転が中止となります。
[通常、12月の終発、平日17時15分・土休日17時30分] 

参観場所・・・高尾山山頂(ケーブルカー高尾山駅から徒歩約40分)
        紅葉台(高尾山山頂より徒歩約5分)
参観時間・・・16時00分~16時30分頃 

※お越しの際は、暖かい服装や履きなれた靴に懐中電灯をご持参下さい。
 また、山頂から下山の際は、1号路コースを通って、ケーブルカーをご利用下さい。
 ケーブルカー高尾山駅は、1号路コース沿いにございます。
  

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

まだ、ちょっと先のお話になりますが、皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しください。 

感動的な瞬間をご覧いただけると思います。 

皆様のご来山をお待ちしております。 

byアッキー

 

 

 

 

 

今日の高尾山(2012年8月14日)

8/14(火)AM 9時00分 現在の高尾山の天気は、雨、気温25度(ケーブルカー清滝駅温度計)。

今日は久しぶりの雨となりましたが、湿度が高いため、蒸し暑い一日となりそうです。。。

皆様、オリンピック観戦で寝不足ではないでしょうか??

でも、連日のメダルラッシュで、まさに熱い夏になりましたね~!!

我々駅員たちも、選手の方々から元気をもらえました!!

人に感動や元気を与えることができるのは素晴らしいことですよね。

世間ではお盆休みに入られたようで、通勤の電車内も普段より空いていましたが、

オリンピックも終わってしまいましたので、これからは外出される方も多いのではないでしょうか。

 

さて、大好評のイベント「野草観察と精進料理を味わう会」の開催日時が

決定いたしましたので、お知らせいたします。

このイベントは、高尾山にあります「野草園」内を、植物研究家の菱山忠三郎先生のご案内で歩きます。

山野草についてわかりやすく、面白く説明していただけるため、

常連さんを始め、初めての方でも安心してご参加ください。

なお、野草園散策後は、高尾山の由緒あるお寺、薬王院さんで、「精進料理」のご昼食となります。

行程といたしましては、ケーブルカーで山上へ向かい、その後野草園へと進みます。

 先生のご説明を聴きながら、野草園内の散策を行いまして、

散策後は、薬王院さんで美味しい精進料理をお召し上がり下さい。

昼食後は14時頃に薬王院さんでの解散となります。

なお、お料理は季節によって変わります。

 

先生はちょっとした疑問でも、丁寧に答えてくださいますので、

初めての方でも、大丈夫ですよ~~!!

この機会に是非ご参加ください♪♪

自然がいっぱいの高尾山で秋の山野草巡りをしてみませんか。

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

「野草観察と精進料理を味わう会」

開 催 日 : 平成24年9月26日(水)・10月31日(水)

集合場所 : 午前9時30分 高尾山ケーブルカー清滝駅(山麓) 集合(雨天決行)

参 加 費 : 1人 3,500円  ※会費は、当日お支払いいただきます。
        (昼食代・ケーブルカー片道運賃・野草園入園料・保険料等)

募集人員 : 30名(定員になり次第締め切ります)

行  程 : ケーブルカーで登り、菱山先生の案内で山野草の観察を行い、薬王院にて精進料理の昼食後、

        午後2時ごろ解散予定。

申込方法 : お電話でご予約ください。<042-661-4151>
        
問合せ先 : 高尾登山電鉄(ケーブルカー)

     TEL:042-661-4151

↓↓↓↓↓↓↓↓  野草観察と精進料理の詳細は下記をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「野草観察と精進料理を味わう会」の行程はこちらから

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

byアッキー

 

 

 

夏休み自由研究にオススメ!『松ボックリのふくろう作り体験』のお知らせ

いつも駅員ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

毎日暑い日が続きますが、皆様ご体調はいかがでしょうか??

高尾山には夏休みのためか、お子様連れのお客様が大勢ご来山いただいております。

山の上でも昼間の日差しはかなり厳しいですので、

帽子をお持ちいただくのと、十分な水分や少しの塩分、ご休憩をお取りいただいて

熱中症予防をなさっていただければ幸いです。

 

さて、今回は高尾山で行っている、自由研究にもピッタリなイベントのご紹介をさせていただきます。

現在、さる園・野草園入口において、ご好評いただいている、『竹笛体験』に加え、

『松ボックリのふくろう作り体験』が、この夏、新登場いたします!!!

ご指導はもちろん、竹笛でおなじみの竹細工師・舟見先生にお願いしております。

開催場所は、ケーブルカー高尾山駅を降りて徒歩2分程のところにある、「さる園・野草園」です。

こちらの入口において、土休日で、『松ボックリのふくろう作り体験』行っています。(雨天の場合は中止です。)

8月中は水曜日も体験ができます。

 

まずは松ボックリを選びましょう。

そして、ふくろうの目と、クチバシを選びます。いくつか種類があります。

目の位置をイメージしましたら・・・・・

 

ジャジャジャーン!!

ご安心ください~。ピストルではありません~。接着剤の登場です~。

こちらを使って、ふくろうの目とクチバシを付けていきます。

そして、5分ほど乾かしましたら、『松ボックリのふくろう』の完成です!! 

白樺の木の台座も付いてきますよ!!

混雑している際は、待ち時間がある場合もありますが、作業時間 15分ほどです。

先生によると、「フクロウ」はとても縁起の良い鳥としても知られているようです。

↑ このような看板が出ていました。

★福来朗(ふくろう)・・・朗らかに福を呼び幸せを招く、縁起もの

★福籠(ふくろう)・・・福が籠るとされる幸福のシンボル

★不苦労(ふくろう)・・・苦労知らずの幸せ

★福老(ふくろう)・・・老いて福不老長寿のお守り

★梟(ふくろう)・・・首がよく回るので、商売繁盛

 

縁起物ですので、お土産にもよろしいかもしれませんね♪♪

 

★★★ ★★★★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★

『松ボックリのふくろう作り体験』

開 催 日  ・ ・ ・ 土・休日 (8月中は水曜日も開催)

開 催 場 所 ・ ・ ・ 高 尾 山 さ る 園・野 草 園 の 入 口

開 催 時 間 ・ ・ ・ 1 1 時 0 0 分 ~ 1 5 時 3 0 分 ( 随時 、受け付けております )

体 験 時 間 ・ ・ ・ 約 1 5 分(混雑時は待ち時間がある場合があります)

参  加  費 ・ ・ ・ 6 0 0 円 ( 材 料 費 )

※雨天時は中止となります。
※お申込みは不要です。直接、お越しください。 
※開催場所までの交通費は自己負担になります。
※さる園・野草園へ入園される場合は別途入園料が掛かります。
※竹笛体験も従来通り行っております。

アクセス
◎ ケーブルカー高尾山駅より徒歩3分

お問合せ先
◎ 高尾山さる園・野草園 042-661-2381

★★★ ★★★★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★ ★★★

皆様も高尾山で「松ボックリのふくろう」を作ってみませんか??

ご来山をお待ちしています。  

byアッキー

 

 

 

7/25(水)野草観察と精進料理を味わう会に参加してきました!

いつもケーブルカー駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先日、7/25(水) 「野草観察と精進料理を味わう会」 を開催いたしました。

こちらのイベントはご参加された皆様の日頃の行いがよろしいのか、晴天に恵まれることが多く、

この日も天気は快晴でした。

 

イベントの内容といたしましては、植物研究家の菱山忠三郎先生に

山野草についてわかりやすく説明をしていただき、

散策後は高尾山薬王院にて、精進料理の昼食をお楽しみいただくものです。

普段は平日のため、大人のお客様が多いこちらのイベントですが、今回は夏休み中の開催でしたので、

お客様の中に、小学生の方もいらっしゃいました。

さて、受付を済ませていただきました皆様で、ケーブルカーに乗車しました。

現在はヤマユリが咲いておりましたので、今回はケーブルカー高尾山駅へお寄りいただいて、

ヤマユリをご覧いただきました。

 

綺麗ですね~~。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は、、、、、ですね。

 

 

さて、先生のご挨拶をいただき、野草園へ向かいます。

 

野草園にて出逢えた植物たちはこちらです。

キンシバイ                           イワタバコ                            

ツチアケビ・・多年生の無葉ランで、根の中につくナラタケ菌と共生しているものです。

和名はこの実がアケビを思わせるためと言われています。

実はこちらの写真、両方ともツチアケビなんです!!

(写真左)のソーセージのような形状は、今回ご覧いただけたツチアケビの『実』です。

(写真右)は前回の観察会(6/27)でまだ花をつけていた時のものです。

花と実では大きく印象が違いますね。来年同じ場所に出るとは限らないため、次回はどこに姿を現してくれるでしょうか??

野草園の中であれば、また観察会でご紹介できるのにな~と思ってしまいます。

 

キレンゲショウマ・・・前回はまだ緑の固いつぼみでしたが、黄色のつぼみになっていました。

キレンゲショウマは、大河ドラマ『篤姫』の原作者として知られている、

宮尾登美子さんの小説『天涯の花』を、テレビ化されてから、全国的にとても有名になった花だそうです。

現在は、1輪だけ咲いていましたので、もう少ししましたら、たくさん咲く模様をご覧いただけると思います。

 

ギボシ                               ヒメヒオウギズイセン

 

ソバナ                                   ハンゲショウ

ハンゲショウは葉を見ると、白色が付いていることにお気づきでしょうか?

この植物は花が小さいために工夫をしています。

それは、葉の一部を化粧したように白くし、虫が花に気づきやすいようにしています。

虫は受粉の助けをしてくれますから、虫に気づいてもらえるよう工夫をしているんだそうです。

まるでペンキでも塗ったかのように白いので、是非お近くでご覧いただきたいと思います。

 

 

チダケサシ                      ジャコウソウ       

 

 

(写真左)キジョランの実・・・触ると落ちてしまうので、触れずに、そーーっと観察しましょう。

この実が割れると種子が飛ぶのですが、

その様子が「鬼女(キジョ)」が髪を振り乱している様子にたとえて、

この「キジョラン」という名前になったそうです。

命名者は明らかに男性ではないだろうかと疑ってしまう名前ですね。。。

(写真右)・・・ショウジョウバカマの芽・・・写真をよくみると、葉の先から芽が出ています。イチゴやユキノシタなどは、

葉とは別にツルが伸びますが、この植物は葉の先から子孫を残しているそうです。

 

 

 

(写真左)マツカゼソウ・・・・先生が「匂いを嗅いでみてください。すごい匂いがします!」と、おっしゃいまして、

嗅いでみました。。。ミカン科の植物らしいですが・・・・

ミカンのようなニオイ・・・ではなかったと思います。ちょっと臭かったです・・・・・・

(写真右)オトギリソウ・・・和名は、『弟切草』で、秘薬のことを漏らした弟を兄が切り捨てたという伝説によります。

その際に飛び散った血が、葉の黒い斑点だと伝えられています。

 

                      

(写真左)フシグロセンノウ・・・黒いため、フシグロセンノウと言われているそうです。

節の写真を撮りましたら、ピンボケしてしまいましたので、

残念ながらこちらでご紹介できませんでした。。。

(写真右)ハナイカダ・・・前回は、写真内のような緑の実をつけていましたが、今回は黒い実になっていました。

ふつう、葉の上に実は1つですが、まれに2~3個のもあるようです。

他の葉には確かに3つの実が乗っている物もありました。

                         

 

   シデシャジン

 

 

特徴的な実がついているこちらは、「ミミガタテンナンショウ」です。

(写真左)は、前回ご覧いただけたミミガタテンナンショウです。

(写真右)は今回の観察会のもので、色がほんのり赤くなっているのが見えますでしょうか。

しばらくすると、やがて、実は真っ赤になっていきます。

 

カリガネソウ・・・先生が、「葉っぱを揺すってみてください。」とおっしゃいまして、揺すったところ、

なんとも言えない独特の匂いがしました。。。この日に嗅いだ「マツカゼソウ」もなかなかの匂いでしたが、

嗅いだ瞬間に、顔をそむけてしまったくらい、個人的には「カリガネソウ」の勝ちでした (?)

  

 

こちらの写真は両方とも「ヤマシャクヤク」という植物です。

(写真左)の実は、今回ご覧いただけた、ヤマシャクヤクの『実』です。

(写真右)は以前に花をつけていた時のものです。

花は白くとても清楚な印象ですが、

実の方は内面の赤と種子の瑠璃色を帯びた黒色で鮮やかな印象ですね。

 

 

こちらの2枚はレンゲショウマです。和名は「蓮華升麻」と書きます。

とても優雅な花です。

 

 

さて、そろそろお腹が空いたなぁ~と思ったころです。

野草園を後にし、男坂を通りまして、薬王院さんへ向かいました。

 

本日の精進料理はこちらです。 ↓ ↓ ↓

山菜の天麩羅や、とうもろこしの湯葉などが並び、夏らしく、

甘味には、水まんじゅうが添えられていました。

参加されたお子様も「美味しい!」と喜んで、召し上がっていただきました。

 

 

<オマケ>

山の上は、気候が少し麓よりも違うのでしょうか。

お寺に向かう途中ではまだアジサイが咲いていました。

 

さて、次回の『野草観察と精進料理を味わう会』は、秋頃の開催を予定しております。

詳細が決定いたしましたら、また、ホームページ等でお知らせいたします。

皆様お誘いあわせの上、ご参加いただければ幸いです。

自然の宝庫 高尾山で山野草巡りをして見ませんか。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

byアッキー

 

 

 

6/27(水)野草観察と精進料理を味わう会をお楽しみいただきました。

いつもケーブルカー駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。

少し前の話になりますが、先週6/27(水) に「野草観察と精進料理を味わう会」

無事に終了しましたので、そのご報告をいたします。

この日は天気は快晴、湿度が低かったため、とても過ごしやすい一日となりました。

植物研究家の菱山忠三郎先生に山野草についてわかりやすく説明をしていただき、

散策後は高尾山薬王院にて、精進料理の昼食をお楽しみいただきました。

それでは、画像を交えて今回のイベントをご紹介いたします。

ケーブルカーで高尾山駅へ向かい、

高尾山駅からは、徒歩2分の野草園へ移動し菱山先生の解説を聞きながら、野草観察を行っていただきました。

 

 野草園にて出逢えた植物たち・・・

キョウガノコ                           ギンバイソウ

 

ボタンクサギ・・・葉を擦ると臭い匂いがすることに由来しているそうです。

個人的にはピーナッツバターのような匂いに感じました。

 

 

キンシバイ                           ハナイカダ

 

 ハナウドの種・・・・種にはヒレがついているため、より遠くへ飛ばせるようになっています。

これは子孫を残すために花自身が工夫しているのです。

先月の観察会ではハナウドはまだ咲いていて、そこでも、虫を呼び寄せるために花を大きくみせる工夫を

植物自身が行っていると、先生から説明がありましたが、

種になってもまた、知恵が施されている植物の力に感心いたしました。

 

            ヘビイチゴ                              ホタルブクロ

 

                        キジョランの実                     カリガネソウ

 

 

マンサク・・・葉が左右非対称が特徴です。

 

 

                 コモチマンネングサ                     キレンゲショウマ

キレンゲショウマはまだまだ蕾でしたが、来月開催予定の観察会(7/25)では、

花を咲かせていて欲しいものです。

 

 クガイソウ・・・9階(クガイ)建てのようだから、そのように名づけられたそうです。

このクガイソウはまだ、、、8階建てくらいでしょうか??

 

 

 マユミ・・・昔、弓を作るのに使われた植物だそうです。

 

ミミガタテンナンショウ・・・・今は緑色をしている実ですが、しばらくすると真っ赤になります。

 

 オオバジャノヒゲ

 

 併設しているさる園にも入ることができますので、こちらも見学しました。

ここでは、 係員さんの楽しいトークショーが楽しめます。

そして、、、動きが速くてカメラに収められませんでしたが・・・・・・

おさるさんの綱渡りを見る事が出来ました!!!!!!!!

 

そして、こちら   ↓↓↓↓

ご案内いただいた先生が、「珍しいものですので、皆さんご覧下さい。」と、おっしゃっていました。

 

ツチアケビ・・多年生の無葉ランで、根の中につくナラタケ菌と共生しているものです。

和名はこの実がアケビを思わせるためと言われています。

今年咲いたからといって、来年同じ場所に咲くとは限らないため、出逢えた場合はラッキーです。

 

 

 

 

 

 

 

                               ユキノシタ                            ユキノシタの花

 

 

 

 

 

 

 

 

(左)アカショウマ・・・なぜ、「赤」ショウマという名前かと言うと、

地下茎が赤いことからそのように言われているそうです。

(右)ヤエドクダミ・・・普段見る、ドクダミよりも花びらが多いですね。

  

 ギンリョウソウ・・・こちらは1号路で逢えました。和名は「銀竜草」の意味で、

白色の姿を銀色の竜に見立てているそうです。

本当に、竜のように見えますねーー。

今年の干支ならではの植物ですね。 実物をなかなか見られませんので、この日はとてもラッキーでした。

 そして、薬王院さんで、美味しい精進料理をいただきまして、解散となりました。

  

 下山をすると、清滝駅横のアジサイもだいぶ咲いていました。 

今日から7月ですが、アジサイはまだ楽しめると思います。

 

 川辺のカジカガエルたちもまだまだ梅雨を楽しんでいるようでした。

 

   

来月も、同じ内容で下記のイベントを開催いたしますので、皆様お誘いあわせの上、ご参加いただければ幸いです。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

「野草観察と精進料理を味わう会」

開 催 日 : 平成24年7月25日(水)

集合場所 : 午前9時30分 高尾山ケーブルカー清滝駅(山麓) 集合(雨天決行)

参 加 費 : 1人 3,500円  ※会費は、当日お支払いいただきます。
        (昼食代・ケーブルカー片道運賃・野草園入園料・保険料等)

募集人員 : 30名(定員になり次第締め切ります)

行  程 : ケーブルカーで登り、菱山先生の案内で山野草の観察を行い、薬王院にて精進料理の昼食後、

        午後2時ごろ解散予定。

申込方法 : お電話でご予約ください。<042-661-4151>
        
問合せ先 : 高尾登山電鉄(ケーブルカー)

     TEL:042-661-4151

↓↓↓↓↓↓↓↓  詳細は下記のリンクをご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.takaotozan.co.jp/info/detail.htm?q=info4f8537d495e1a

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

自然の宝庫 高尾山で山野草巡りをして見ませんか。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

byアッキー

 

 

 

 

2012 高尾山ビアマウント 7月5日(木)オープン!

毎年恒例の「高尾山ビアマウント」がオープンいたします。

 今年は7月5日(木)から10月8日(月・祝)までの間、荒天時を除き、毎日休まず営業いたします。

営業時間、料金等は下記をご覧ください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

2012 高尾山ビアマウント

期   間
2012年7月5日(木)~10月8日(月・祝)

 

営業時間  
平   日 15:00~21:00
土・日・祝日及び
8月13日(月)~17日(金)
13:00~21:00 ※完全2時間制

 

利 用 料 金 (税込)
男性(高校生以上) 3,300円
女性(高校生以上) 3,000円
中学生 2,500円
小学生 1,500円
幼児(3歳以上小学生未満) 500円

 

サービス形式・利用時間
飲み放題・食べ放題2時間制バイキング

 

料理は和・洋・中さまざまなメニューを常時30種類以上のお料理をお楽しみいただけます。

ドリンクはアサヒスーパードライ、キリン一番搾り、ハイネケン、黒生、ハーフ&ハーフなどの生ビールをはじめ、

ハイボール、ワイン、カクテル、サワー、かめ樽焼酎、ソフトドリンクなど、多数ご用意しております。

お問い合せは、高尾山ビアマウントまで
   TEL&FAX:042-665ー9943 

 ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

森の中のビアガーデンで、爽やかな風を感じながら、素晴らしい眺望をご覧いただけます。

昼間は話題のスカイツリーをお楽しみください。

 

 

夕方からは都心や横浜の夜景をお楽しみいただけます。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

byアッキー

野草観察と美味しい精進料理をお楽しみいただきました。

5/30(水)「野草観察と精進料理を味わう会」を開催いたしました。

こちらは山野草好きのお客様に人気のイベントでして、年に数回開催しております。

昨日のご参加は27名のお客様で、天気は快晴となり、ハイキング日和ともなりました。

講師には、植物研究家の菱山忠三郎先生をお招きし、「高尾山野草園」を散策しながら、

山野草について皆様にわかりやすくご説明していただき、散策後は1号路を通りながら高尾山薬王院へ向かい、

精進料理の昼食をお楽しみいただきました。

まずはケーブルカーで高尾山駅へ向かいます。

高尾山駅より徒歩2分の野草園へ移動し、菱山先生の解説を聞きながら、野草観察を行っていただきます。

 気候もちょうどよく、爽やかな風で植物たちも気持ちよさそうです。

 

チョウジソウが咲いていました。

 

 これはイカリソウです。写真を見てください。

「3つの枝」と「9枚の葉」で「三枝九葉草(サンシクヨウソウ)」とも言うそうです。

名前を付けた方は発想力が素晴らしいと思いませんか?

 

   ユキノシタ・・・葉っぱは天ぷらにすると美味しいそうです。参加された方も「美味しいですよね。」と、

ご存知の方もいらっしゃいました。一度試してみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

              ハンショウヅル                          シラン

 

 

 

 

 

 

 

ウラハグサ・・・本来裏にあるはずの茎が表を見せているため、この名前がついているそうです。

写真だと分かりづらいのですが、表を触ってみますと、本来裏についている茎の手触りがあり、不思議な感覚になる植物です。

 

少しですが、セッコクも咲いていました。 右はカザグルマです。

 

 

 

 

 

 

 

               オオハンゲ                            オカタツナミ

 

 山野草好きの皆さんは、メモを取りながら、先生に質問をされたり、真剣なご様子でした。

途中、ホトトギスの声も・・・・辺りに響き・・・・

「トッキョキョカキョク(特許許可局)・・・・」そんな風にも聞こえませんか?、と先生の楽しいお話も。

分かりやすい解説で、次回聞こえたら、すぐにホトトギスと分かりますね。

 

 

 

 

 

 

               ミヤコワスレ                           キエビネ

  

ハナウド・・・外形が大きいのは、虫を呼ぶためです。受粉の助けをしてくれる虫が、遠くからでもわかるように大きく見せる工夫を花自身がしているそうです。

生き残るために、植物自身が工夫をするという、自然界の厳しさを教えていただきました。

 

野草園での観察会を終え、そろそろ小腹も空き始めてきましたので、

1号路を通りながら薬王院(お寺)へ向かいます。 

 昼食の精進料理は、季節の食材を使い、彩り豊かな膳に感謝の気持ちをもっていただきます。

今回は天麩羅にワサビの葉や、オクラ、こごみの山菜を使用していました。

大豆を薄~く伸ばし、重ねて揚げてある、お肉を模した天麩羅もありました。

食べ応えがあるのに、ヘルシーで、 デザートまで付いているので、女性にも嬉しい御膳です。

 こちらを お召し上がりいただいた後、先生からお話をいただいて、薬王院で2時頃に解散となりました。

 

さて、ご紹介しきれない植物、内容もたくさんございましたが、

植物の先生と一緒に散策されることで、分からないこともその場ですぐに質問できるのが、当イベントの特徴です。

旬の食材を使用した、美味しい精進料理で季節を味わえるのも人気の秘密です。

次回の「野草観察と精進料理を味わう会」は、6月27日(水)になります。

まだお申し込みを受け付けておりますので、初めての方も、お一人様でも、この機会にぜひご参加ください。

 

===============================================

「野草観察と精進料理を味わう会」

開 催 日 : 平成24年6月27日(水)

集合場所 : 午前9時30分 高尾山ケーブルカー清滝駅(山麓) 集合(雨天決行)

参 加 費 : 1人 3,500円  ※会費は、当日お支払いいただきます。
        (昼食代・ケーブルカー片道運賃・野草園入園料・保険料等)

募集人員 : 30名(定員になり次第締め切ります)

行  程 : ケーブルカーで登り、菱山先生の案内で山野草の観察を行い、薬王院にて精進料理の昼食後、

        午後2時ごろ解散予定。

申込方法 : お電話でご予約ください。<042-661-4151>
        
問合せ先 : 高尾登山電鉄(ケーブルカー)

     TEL:042-661-4151

↓↓↓↓↓↓↓↓  詳細は下記のリンクをご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.takaotozan.co.jp/info/detail.htm?q=info4f8537d495e1a

===============================================

自然の宝庫 高尾山で山野草巡りをして見ませんか。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

            

  追伸 : 明後日、6/2(土)pm10時00分より日本テレビの番組『嵐にしやがれ』に高尾山が紹介されます。

以前にご来山いただきました、タレントの嵐の皆さんと、勝俣州和さん

山内を散策された模様が放映されます。

当社ケーブルカーも紹介されるかもしれません!お時間がございましたら、ぜひご覧くださいませ。

byアッキー

 

 

 

 

 

世紀の天体ショー!金環日食

本日、2012年5月21日(月)は、東京において、173年ぶりの金環日食がご覧いただけました。

今回はその様子をご紹介したいと思います。

平日にも関わらず、早朝より大勢のお客様が高尾山へお越しになりました。

数ある観測場所の中でも、高尾山をお選びいただき、誠にありがとうございます。

金環日食に合わせて、本日限定で『金環号』も運転いたしました。

早朝は晴れ間も見えていましたが、日食時間が近づくと、残念ながら、雲が掛かってきてしまいました・・・・

そのような天気の中、太陽が欠け始めてきました。

雲に遮られていない状態で、日食グラスを使用し撮影しますと、このように見えました。

金環日食が見られる5~6分の間は、ちょうど雲が掛かってしまいましたが・・・

 それでも段々と、『金』の『環』が空に現れました。

お客様の歓声が辺りに響きます。

 

画像をちょっと拡大してみます。まるで指輪のようですね~。

テレビなどによると、これを指輪に見立ててプロポーズする方がいるとかいないとか。

高尾山でそのようなお客様はいらっしゃったのでしょうか??

  

天気も心配でしたが、雲も比較的厚くなかったため、金環日食を観測することができました。 

次回、金環日食を観測できるのは国内では2030年の北海道のようですが、

同じ高尾山で金環日食をご覧になる場合は、300年後の2312年になるそうです。

おそらく、今回は、多くの方が一生に一度の貴重な経験をされたのではないでしょうか。

 byアッキー

 

 

 

明日は『金環号』を運転いたします!!

いつも駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。

明日、5月21日(月)はいよいよ金環日食です。

高尾登山電鉄ではケーブルカーの始発を早めまして、

早朝 6時30分から営業いたします。

始発から金環日食のヘッドマークを装着した『金環号』を1日限定で、運転いたします。

 

金環日食のお勧め観測場所 はこちらです。↓↓

 ●ケーブルカー高尾山駅隣接 『そば処香住』前
 ●展望台(ケーブルカー高尾山駅周辺)
どちらもケーブルカー高尾山駅を降りてすぐの場所です。
 
 

なお、日食観測専用のメガネはご用意しておりませんので、各自で必ずご用意ください。

 
首都圏では173年ぶりとなる貴重な現象を高尾山から鑑賞しませんか。
 
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 
byアッキー

 

 

 

 

 

 

高尾山で見る!金環日食

ニュースや雑誌で取り上げられているように2012年5月21日(月、日本国内で金環日食が観測できます。

高尾登山電鉄では、当日は始発を早めまして朝6時30分よりケーブルカーを運行いたします。

金環日食とは、月が太陽と地球の間を通過する際に見られる現象です。

通過の際に、月が太陽を隠し、太陽の周りだけが光り、

金色の指輪のように見えるため、金環日食といわれています。

太陽が月に完全に隠れる皆既日食と異なる点は、太陽の光が一部残るため、

「金」の「環」のように見えるのが金環日食の特色です。

観測予定時間は下記のとおりです。

<日食が始まる時間>
午前6時19分頃

<金環日食が見られる時間>
午前7時30分頃~37分頃

<日食が終わる時間>
午前9時03分頃

お勧めの観測場所

●霞台(ケーブルカー高尾山駅 『そば処香住』前)
●展望台(ケーブルカー高尾山駅周辺)

 

首都圏では実に173年ぶりの現象で日本国内では、1987年の沖縄で観測されておりますが、

今回のような日本列島の広範囲で見ることができるのは、

平安時代以来の約1000年ぶりと言われております。

 

大きい画像はこちらから【金環日食】

なお、日食観測専用のメガネは用意しておりませんので各自でお持ちいただくようお願い致します。

5月21日(月)は早起きをして、高尾山で世紀の天体ショーを見てみませんか??

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 byアッキー