火渡り祭が執り行われました!

【2017年03月13日】

いつも駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日3/12(日)に髙尾山薬王院の僧侶による『髙尾山火渡り祭』が、

祈祷殿広場で厳粛に執り行われましたのでご紹介します。

梵天札の差さった御輿を担いだ一行が、不動院を出発し、会場の祈祷殿広場へと進みます。

お経が読まれ、皆様の願いも祈念されると、

いよいよ点火です。

点火!  

あっという間に、辺りはものすごい煙と炎に包まれました。

お客様の観覧場所は十分距離を取ってありましたが、だいぶ風があったため、安全上さらに後ろに下がっていただくようご案内があるなど、迫力がすごかったです。

そのような中、僧侶の方々は熱さを全く感じている様子もなく、一心にお経を唱え続けていました。

燃えさかる炎の回りを梵天札の差さった御輿が歩きます。

観覧場所からでも熱いのに・・・それよりもっと火のそばを歩くなんて・・・

これも修行ということなんでしょうか。

 

僧侶がご祈祷を続け「火渡り祭」の名前の通り、いよいよ火の上を渡ります。

燃え盛る炎の中、足元を見たら、裸足!! 見ているだけで熱そうです。。。

僧侶が渡ったあとには、一般の参拝客の方々も合掌しながら渡っていました。

今回久しぶりに見学してきましたが、大規模なご祈祷にすっかり心も清められた気がします。

いつもより海外からのお客様も多く、日本の文化に触れていただけたのではないかなと思いました。

byアッキー