スミレ咲く、春の高尾山を散策!

【2017年04月17日】

いつも駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。

高尾山も春本番の時期になり、サクラやスミレなどお花をたくさん見かける季節になりました。

今回は6号路~山頂~1号路のハイキング中に見かけた山野草をご紹介いたします。

上からニリンソウ・ユリサワビ・エイザンスミレです。6号路は特にニリンソウが多く、あちこちで群生をみることができます。

山頂ではちょうどヤマザクラが見ごろを迎えており、多くの方が桜の下でお弁当を広げていました。これから、山頂から先の奥高尾方面のサクラが楽しめる季節になります。

写真は上から、キブシ・シュンラン・モミジイチゴです。キブシの小さな花がぶら下がる姿が可愛らしく、毎年楽しみにしています。

高尾山にはサクラを楽しめる箇所が多くありますが、その中でも薬王院仁王門前のシダレザクラは人気があります。濃いピンクの小花が可愛らしいシダレザクラも見ごろを迎え、たくさんの方がカメラを向けていました。

そして、この時期は山内あちこちでスミレが咲き誇っています。

上から、タチツボスミレ・ヒナスミレ・ナガバノスミレサイシン・タカオスミレです。高尾山で発見されたタカオスミレは白い可憐な花と茶色の葉が特徴で、ファンがとても多いです。

今回は山野草の写真を中心に春の高尾山をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

これから、イロハモミジやイヌブナなどの早緑がますます綺麗になります。ぜひ、春のひと時を高尾山でお楽しみください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

by:イクちゃん