春の花観察 <6号路>

【2015年03月23日】

いつも駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日は、久しぶりに朝の高尾山を歩いてきました。

最近の日の出は5時40分頃ですが、お正月頃の6時55分と比べると、もう1時間も早くなっており、春が近づいていることを感じます。

昨日は、曇りで日の出はみれませんでしたが、薬王院の境内から綺麗な朝日を見ることができました。

山頂に着いても景色を楽しむことができませんでしたので、下山は春の花が咲く6号路を選びゆっくりと歩いてきました。

シュンラン・・・一輪咲いているのをみつけました。これからが楽しみです。ダンコウバイ・・・黄色い小さい花が枝いっぱい咲いていました。ハナネコノメ・・・小さな白い花に赤いおしべの葯がとても可愛らしいです。

6号路には、この他、ニリンソウ、ユリワサビ、ヨゴレネコノメなど、春の山野草が足元にたくさん咲いていました。

そろそろ、清滝駅に着くと思った頃、赤い花をたくさんつけた木を見つけました。フサザクラです。
サクラとつきますが、私たちが思うサクラとは少し様子が違い、赤く長いおしべが特徴的です。

1時間半ほどのハイキングコースですが、たくさんの山野草を見ることができ、春を感じながらとても楽しく歩くことができました。

これから、春本番!また時間をみつけて、いろんな山野草を探しに歩きに行きたいと思います。

by:イクちゃん

追伸:今日のお昼休みに、フサザクラを見に行ってみると。。。。

赤かった花のほとんどが緑色になっていました。植物の本を開いてみたところ、赤い花が見られるのは数日間とのこと。昨日はとても運が良かったようです。

来年もまた見れますように。