自衛消防訓練を実施しました。

【2015年03月12日】

いつも駅員ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日(3月11日)、八王子消防署、八王子市消防団第11分団及び当社自衛消防隊で消防訓練を実施しました。

今回、八王子市内で震度6強の多摩直下地震が発生。ケーブルカーの沿線では土砂崩れにより、ケーブルカーが走行不能となる。さらに、土砂の崩落で切れた電線から山林火災が発生したことを想定した訓練を実施しました。

途中停車したケーブルカーの車内から、お客様を救助します。

沿線では山火事が発生したことを想定して、放水を始めます。

ケーブルカーの車内から救助したお客様を清滝駅広場に設置した救護所まで誘導し、救護及び治療の優先順位を決める作業(トリアージ)を行いました。

訓練の全行程を終え、八王子消防署長、八王子市消防団第11分団長及び当社安全統括管理者から講評を受け、訓練を終了しました。

多くの犠牲者を出した東日本大震災から早くも4年の月日が経ちました。私たちはあの日を忘れず、いつ災害が起きても、お客様の安全を第一に行動し、安心してご乗車いただけるように努めてまいります。これからも「高尾山とお客様を結ぶ」高尾登山電鉄をどうぞよろしくお願いいたします。

by おぎゆう